--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.09.25 02:31|Journal

臨月に入りました


DSCN2737_convert_20160925022400.jpg


鼻歌を歌いながら血圧を測ってくれる看護師さん、時々ボタンを押し間違えて全然違う数値が出たり・・・相談係のお医者さんは常にポジティブで、時々落ち込んでいたり痛みに耐えれないという私を、はっはー面白いわ、そんな大げさな・・・!と笑ってストレスを吹き飛ばしてくれたり。
何回か緊急で診てもらった時も、助産師さんが心のケアから何から何まで、恋の相談までしてくださった・・・。


この妊娠を通して1番学んだことがフランスの愛。


こんな満員電車で30分どう過ごそうか、という時も、電車に入ると必ず誰かが
マダム、と言って譲ってくださるし、絶対に間に合わない電車に堂々と急ぎもしないで乗車しようとしている私・・・を駅員さんが親切に私が乗車するまで笑顔で待っていてくださっている・・・。その電車に乗れば乗ったで、落ち着いて時間をとるのよ~なんて言ってくれるマダムが居たり・・・。
早朝で人の行き交いの多い駅で、フランス的にエスカレーターが壊れていることが多く、上りの階段で一苦労している私を頑張って、とムッシューもマダムも私に合わせて行き交いをしてくださり微笑んでくださる。本当なら皆急いでいるはずなのに。
スーパーに行くと週末なんてレジは長蛇の列・・・普通に5分足りとも立っていられないわ、と思っているとレジのお兄さんや近くのマダムが、あなた妊婦なんだから1番前に行かないと・・・!と肩を押してくれたり・・・。お年寄りにまで席を譲られたり・・・
郵便局でもどこに行っても優先される、その度にすごく感動して涙腺が緩みます

人に干渉をしないフランス人ですが、妊婦に対しての思いはまた違うもののようです。
妊婦、というより赤ちゃんに対してでしょうか。

街を歩いていても、前からきたムッシューがあらら~フェリシタシオン、おめでとう・・・!と言って声をかけてくれたり
知らないマダムもウィンクをして微笑んでくれる。
子供を連れたママがはしゃいでいる子供に、マダムはお腹が大きいんだから気をつけないといけないのよ、と教育していたり。

今は小さな街に住んでいるのでお魚屋さんやパン屋さん、チーズ屋さん、いつも同じお店に行くのですが、
もう直ぐ出産が近くなったことを伝えると、お魚屋さんではこれが赤ちゃんにいいわよ、綺麗なのを選ばなくっちゃね、と質のいいものを選んでくださったり、パン屋さんでも、これは赤ちゃんにね、とセレアルのバゲットを用意してくださったりする。。。

私の赤ちゃんはなんて幸せものなんだろう・・・と思います

なんでもいい加減なフランスで最初は戸惑いもあったけれど、この国での出産を迎えることができて本当に良かったと思います。
もしかしたら難産かも、死産もあれば帝王切開も起こりうるけれど・・・。



C'est bien tôt...!



スポンサーサイト
2016.09.04 03:40|Journal
9月に入り、秋らしいお天気になるのかな、という思いとは反対にここ真夏日のパリ。

今週はMasion et Obejt http://www.maison-objet.com/fr
という世界中のクリエーターの方々が集まる展示会に通訳者として参加させていただいています。
クリエーターの方々と直接お話をするので、どんな思いで作られているかやその方のクリエーターとしての出発や今の状況など
私にとっては未知の世界ですが1人1人の色、というものがはっきり見えてとても勉強になり楽しいです。

昨日は広島から来られた愛さん、と共に赤ちゃんへのとっておきを作られているクリエーター方々にお会いしてきました。
愛さんは広島で子供の為のアトリエを開かれたり、小学校の入学に合わせてランドセルを販売されていて
平行に、毎年この展示会でクリエーターの方々と実際に会合をし商品を選ばれ
amaという会社の代表者として オンラインショップで赤ちゃんの贈り物を発信されています。

http://amababy.jp


今回ご一緒させていただいて赤ちゃんのことを考えられた色使いやデザイン、特に質の取り入れ方は私では想像できないような提案であったり、なるほど・・・と思わされるようなことが沢山ありました。

例えばユーカリの木からできた繊維で作られた赤ちゃんへの肌着。。
ユーカリというと私にとっては鼻の通りが悪いときや咽喉の調子に違和感を感じたときにハーブティーとして飲んだり、お風呂にユーカリのオイルを1滴おとしたりするものです。
フランス女性のクリエーターさん、彼女の提案はユーカリの繊維を糸・生地に取り入れることでアレルギーや呼吸器官のトラブルを赤ちゃんから守る、ということだそう。
触り心地もよく、とっても素敵でした。

パリはとっても素敵な街。ですが大気汚染や公害病が年々悪化してきていることは確かです。パリ育ちの彼女はその環境の中でこの提案を得たとおっしゃっていました。


他にバルセロナから来られていたクリエーターさんは赤ちゃんへの木のおもちゃを作られていました。
個々の考える力を生み出す、という提案で1つのおもちゃで色々な可能性があるものを作られていらっしゃいました。
例えば1つの木のブロックでも3つ同じものがあればどんな風に組み立てられるか・・・?大人でも考えさせられるような脳の運動を感じさせられるもの。彼のポイントは障碍児として生まれた子供たちへの脳の発達を考えたものを、ということでした。


個人的に好きなクリエーターの方はドイツから来られていたLITOLFFさん。www.litolff.de
ハンドメイドでウサギのデッサンがテーマ。質の高いものを優しい雰囲気で創られています。
いつもお会いする度に大きな笑顔で歓迎してくださる、とっても素敵な方。以前と比べて随分包装箱の種類が増えていたので尋ねてみると、やっぱりお客さんの意見で色々な包装を求められてそれに合わせて制作もしていかないと大変だからね・・・。と少し苦笑いされていらっしゃいました。


何か1つ、私の赤ちゃんへのとっておきを・・・と思い、愛さんを通して歯固めを注文させていただきました。
つわりがあったときに食べ物が食べれない苦しさを感じ、食の大事さを経験したこと、笑顔の素敵な子供に育ってその笑顔が人々に幸せを与えますように・・・というちょっとした想い、母からの赤ちゃんへの初めてのプレゼントです。


PHOTO.jpg

とっても素敵に包装していただいて、赤ちゃんが大きくなって歯固めを使い始めるまでこのまま大切にとっておきたいと思いました。
こちらの包装がクリエーターさんの一番のお気に入りの型なのだそうです。



また、思いがけず愛さんからのプレゼントで鹿児島の職人さんによる手創りの木の器のセット。

PHOTO1.jpg


優しい木の色合いやこの大きさ、日本らしく、職人さんの温かさが伝わってくるようです。
海外にいると日本のものがどんなに素敵か思うことが多々あり、とっても嬉しいサプライズの贈り物でした。


愛さん、ありがとう。


愛さんのショップでは赤ちゃんに、地球に、家族に優しいもの、温もりを与える商品をセレクトし、提案されています。
ご家族やお友達の出産祝いに、また自分から赤ちゃんへのプレゼントとして・・・色々な可能性がありそうです。

是非是非、お求めください。http://amababy.jp





2016.06.13 21:45|Musique
DSCN2121_convert_20160613205353.jpg


先週末からベルギーへ演奏旅行に出かけていました。

帰宅すると春先から育てていた植物が一層元気になって、このお花は満開・・・
おかえりなさい、と言ってくれているようです。


パリからタリスでブリュッセルまで向かう途中、テロの関係で荷物検査や身分確認がいつもより厳重に行われていることを知り、多少の緊張とこれから久し振りの再会の友人への楽しみとが半々でした。
いつどこで、どんなことが起こるか・・・想像もしないようなことが起こる可能性が常にあることは確かです。


パリの聖歌隊学校で共に学んだ友人たちは、それぞれバーゼル、ヴィスバーデン、ブリュッセルやテェコへと移動して新しい音楽生活が始まり一緒に演奏会をすることはもちろん、再会することもなかなか難しくなってきていました。
そんな中、毎年この時期にリエージュ大学の教授であり聖歌隊学校を主宰されているジェラール氏ご夫妻が私たちの再会と音楽活動の為にバックアップしてくださり、今年もお声をかけてくださいました。
本当に感謝したいことです。


皆でブリュッセルに集まり、観光して美味しいものを食べて、一緒に電車に乗ってリエージュまでの小旅行。

とっても懐かしくて久し振りにヨーロッパに来たころの学生時代の私に戻った気分になりました。
学生時代は授業が終わってから皆でカフェに行ったり、セーヌ付近を散歩したりピクニックをしたり・・・
持ち寄りでパーティもしたし朝方まで遊んだ時期もあったり・・・南米のお友達がクラスに多かったのでよくダンスパーティもしました。

演奏会では、リハーサル以上に皆の呼吸があってとっても心地よい時間を過ごしました。
演奏しながら皆の表情を見ていると皆も私と同じ気持ちでいることがわかり、このことが聴衆にも伝わったようで嬉しかった。
終演後もこんな風に久し振りに再会したとしても同じ環境で学んだので同じ音楽の方向性だし、何も言わなくても自然と呼吸が合うのね・・・、とお互いに話していました。

短時間で仕上げた音楽仲間も演奏活動の始まりとして色々な面白さがあるので好きですが、こんな風に3年間みっちり同じ環境で学んだ友人と長年一緒に音楽を作ってきていることは宝物のように思います。


音楽は自分から離れていかない限り近くにいる友人のようなもの、いつかの理論の教授がおっしゃっていたけれどなんだかこの言葉が今になってわかるような・・・そんな感じがします。


今回は聖母マリアの為のミサでのグレゴリア聖歌での演奏と、中世ものを演奏して欲しいとお話をいただいていたので14世紀のスペインもの、Livre Vermeil https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%AE%E6%9C%B1%E3%81%84%E6%9C%AC から8曲ほど選んで演奏しました。

スペインものは個人的に好きで、それも論文にも書いたのですが、ローマから船で色々な困難に遭いやっとのことでフランス南部に渡った使徒たち・・彼らがそこからスペインに降りていく・・・そんな光景がなんだか見えてくるような気がするからです。そんなことを思いながらドキドキして楽譜を見ながらにやにやしてしまう。。〔こんなことを思うのは私だけかもしれません・・・〕



DSCN2098_convert_20160613205321.jpg


偶然1人の友人が私と2週間違いの出産予定。今回は4人+2ベビーで6人での演奏会でした。



来年もまた再会できますように・・・
2016.06.02 00:28|Journal
今日から6月。


もう衣替えもすっかり済んでお昼は太陽と共に公園で休憩したり、散歩したり・・・という日常があるはずなのですが
先週末から雨のお天気で朝から晩までとても冷えるという悲しい灰色のお天気。


海外で生活するようになり、少し体調が悪いかな、と思ったときはお薬を取らずに薬草やアロマ、ハーブティをその体調によって選んだり、ヨガで体の歪みを整えたり、お風呂でのマッサージ、いつもより呼吸法を充実させたり・・・そんなことが私の体調を支える日常となっていました。
1番の体調管理法は歌のようでその日の声の調子で体調が判るときもあれば、体調で声の調子が判るときも。
この生活が音楽・歌の活動と自身の健康管理方へのバランスを上手くとる、自身を見つめれる1番の方法のよう。


実は妊娠が判ったときにこのほとんどの生活管理法が流産や早産を招いてしまう種、ということを知り内容を中断・・・。
薔薇、ゼラニウムのオイルやセルビアのお茶は女性へポジティブな効果がでるものなのですが妊娠中はちょっとしたものでもいつもより刺激の多いものに変わるそう。カモミールやユーカリのお茶はちょっと風邪気味かな、というときに飲んでいたのですがカモミールには実はカフェインが、ユーカリには子宮を刺激するということを知りました。

どんな風にしていこうか、試行錯誤の初期時期、そんな生活も早々と過ぎていき先日から産婦人科で助産師による妊婦の食や体調管理に関するアトリエが始まり、食に関すること、女性の体、色々な事がみえてきました。
これがなんだか楽しい
先週頃からはもうそろそろマ優しいッサージならできるかな、という時期に入ったのでホットタオルを首や足、関節にあてて
静かな呼吸運動の確認練習も始めました。そうするとトントントンって小さな足でお腹をける赤ちゃんがいて、来月はこれがドンドンドンに変わるのだろうか・・・などと思いながら。。


毎日5種類のフルーツとお野菜、卵とヨーグルト、高殺菌された牛乳・・・そして血液や鉄分を多くする為に牛肉とお魚を毎日交互にとるようにというご指導があったのですが、お肉は苦手、お魚は実家が海の近くだった為新鮮なお魚以外は駄目という私。
実家の近くのお店では毎日の夕網で釣れたのお魚のコーナーがあったり、お刺身もその場で切ってくださったりお願いができたけれどパリではなかなか。。

そんな中血液検査が本当にたくさんあり、このままでは倒れてしまうというところまできていました。
日本では考えられないですが1度に12本も血液をとるんです、フランスは。それが又先週あり、ラボラトリーに行くのが恐怖になっていました。



でも今日はとってもいい日、新鮮なお魚を市場でみました。

http://equipement.paris.fr/marche-president-wilson-5510

Marché Président Wilson プレジドン ウィルソン市場といってメトロのイエナ駅を降りると直ぐにある大通りに毎週水曜日と土曜日の朝に出ている市場。

photo_convert_20160601225521.jpg


雨の中でぱっとしない朝を迎えた私も、はっとさせられるほどの美しい花々たちや元気な色のお野菜にエネルギーをもらいました。
特にこの薔薇たち・・・凄いボリュームです。

歩いていると、インドやレバノン、タイやスペインのお惣菜のお店もあったので全てが美味しそうでみているだけでもワクワクしてしましました。
お魚屋さんはこのなかに4件ほど入っていましたがどこのお店のお魚もキラキラして本当に新鮮で大きくでびっくり。
ノルマンディーで今朝とれたばかりのお魚たちなんだそう。

鯵や鰯、久し振りにお魚を美味しく食べれると思うと嬉しくなりました。
そんな私を妊婦だとわかったお店のお兄さんは大きな海老をサービスで4つサービスしてくださいました。

そう、フランス人の男性って本当に優しくて温かいんです。
街を歩いていてもにこにこと微笑んでくれるし、電車に乗っていても直ぐ席を譲ってくれるし、車に乗る時にはシートベルトも出してドアも開け閉めしてくれる…。
今日の帰宅中は大雨で後ろから来たムッシューに僕の傘に入らないっ?・・・って声をかけられたのは余計だったけれど。



少し血液鉄分不足だった日々も少し回復していきそうです。

2016.05.17 00:09|Musique

5月のはじまりは春らしいお天気が3,4日続き、このまま初夏のお天気になるのかな、と思ったのも束の間、
今週は冬のコートが必要な程の寒さが再び訪れました。それでも時折太陽が顔を出すと空気の匂いが変化し季節の移り変わりを感じます。

今年に入ってから隣町の市民合唱団の伴奏を担当させていただいていて、この土曜日は夏のバカンス前の定期演奏会が
ある、という事で昨日と今日と詰めて練習がありました。

プログラムを作りかけていてね、と協会の方が書類を私に見せてくださったのですが、目を通してみると" Hiromi, piano solo 30min " と書かれてある…。

フランスにいると想像のつかないような事や、急な変更が多いのですがこれにはとっても、、参りました。

伴奏は好きですけれどソロはもう10年以上も弾いてないんですよ…!と主張したものの、何でもいいから好きな曲を3曲ほど弾いてね〜みんなが喜ぶんだから!と、、


曲はバッハのフランス組曲の5番、ショパンのポロネーズの2番とドゥビュッシーのアラベスクの1番と2番。
バッハの組曲はクラブサン科に在籍していた時に勉強したもので、ピアノで演奏すると随分と響きが変わること、
ドゥビュッシーは大学時代のソロリサイタルで弾いたもので、ちょうど今ぐらいの初夏の時期だったのもあり、随分と懐かしい思い出が頭の中を巡りました。



久し振りにピアノと向き合い印象派の音楽への個人的なアプローチの方法や感覚が随分と変わったことにも気付きます。
ドゥビュッシーの音楽は細やかなパッセージが多いのもあり、大学時代は技術面によくとらわれていたけれど
フランスの色合いやこのドゥビュッシーの色合いは、正に今の季節の移り変わり、薔薇の花の香りや時折激しく降る雨、そして晴れ間にみえる美しい虹と緑にかかる雫石。これらの表現ができる音楽で、水々しさや絶妙なニュアンスがあるもの、ちょっとしたスパイスのあるもの…などとピアノから離れて15年以上経って感じることがあります。

アラベスクを弾き始めると頭の中に緑の色や水の景色、色々な自然の美しさや空の色が映し出され心の空気運動が始まります。
この感覚は身体が楽器の歌とまたひと味違う感覚です。

昨日は本番用のピアノをお借りして午前の時間、ゆっくり練習しました。赤ちゃんは特にアラベスクの1番が好きみたいでこの曲を弾くとぐるんっと揺れ始めます。妊娠5ヶ月目となり、今は色々な音が聴こえているようです。
喜んでくれているならそれは良かった…。💕


私の音が聴衆の皆さんの心に入り込めるまでにもう少し今の手首の重さがなくなって表現に幅ができたらなぁと思います。


201605160907186a3.jpeg



















09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

hiromiel

Author:hiromiel
私のページを訪ねて下さって有難うございます。

宗教曲、ポリフォニー音楽を中心にフランス、ベルギー、スイス、ドイツ等で音楽の活動をしています。

グレゴリア聖歌、12世紀の2声ポリフォニー、フランス宮廷音楽、オルガンと歌の宗教曲、リュートと歌、又、イタリア人画家や詩人と共に声による風景の録音などにも取り組んでいます。


坂東宏美・プロフィール

神戸女学院大学音楽部を卒業
2008-2011 グレゴリア聖歌をEcole de Chant Grégorien de Parisで学び2011年にグレゴリア聖歌のディプロムを取得
2008-2011 Paris St-Germain l'Auxerrois教会のミサで聖歌隊員を務める
2012-2015 Schola Cantorum de Basiliensis で学び中世からルネサンスの専攻・修士ディプロムをアジア人として初めて取得

Frontfois修道院演奏会、F.Couperin、M.A Charpentierの Leçon des Ténèbres、Haydn Missa Brevis、Durufle Requiemのソリスト、H.Purcell Dido et Enéeの2女役、C.Monteverdi l'Orfeo、Thoronet修道院音楽祭、Watou音楽祭、Utrecht古楽音楽祭、Fondation de Royaument、サン・ドゥニ大聖堂 ルイ16世 追悼記念式 等に出演

神戸女学院大学めぐみ会 辻秀子奨学制度、2008-2011 Les Amis du Choeur du Chant Grégorien de Paris、2012-2015 Schola Cantorum de Basiliensisより奨学制度を得る

音楽の次に好きなことは食べること
美術館と旧市街で過ごす休日

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

wreathclock

***

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。