スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市場へ

2016.06.02 00:28|Journal
今日から6月。


もう衣替えもすっかり済んでお昼は太陽と共に公園で休憩したり、散歩したり・・・という日常があるはずなのですが
先週末から雨のお天気で朝から晩までとても冷えるという悲しい灰色のお天気。


海外で生活するようになり、少し体調が悪いかな、と思ったときはお薬を取らずに薬草やアロマ、ハーブティをその体調によって選んだり、ヨガで体の歪みを整えたり、お風呂でのマッサージ、いつもより呼吸法を充実させたり・・・そんなことが私の体調を支える日常となっていました。
1番の体調管理法は歌のようでその日の声の調子で体調が判るときもあれば、体調で声の調子が判るときも。
この生活が音楽・歌の活動と自身の健康管理方へのバランスを上手くとる、自身を見つめれる1番の方法のよう。


実は妊娠が判ったときにこのほとんどの生活管理法が流産や早産を招いてしまう種、ということを知り内容を中断・・・。
薔薇、ゼラニウムのオイルやセルビアのお茶は女性へポジティブな効果がでるものなのですが妊娠中はちょっとしたものでもいつもより刺激の多いものに変わるそう。カモミールやユーカリのお茶はちょっと風邪気味かな、というときに飲んでいたのですがカモミールには実はカフェインが、ユーカリには子宮を刺激するということを知りました。

どんな風にしていこうか、試行錯誤の初期時期、そんな生活も早々と過ぎていき先日から産婦人科で助産師による妊婦の食や体調管理に関するアトリエが始まり、食に関すること、女性の体、色々な事がみえてきました。
これがなんだか楽しい
先週頃からはもうそろそろマ優しいッサージならできるかな、という時期に入ったのでホットタオルを首や足、関節にあてて
静かな呼吸運動の確認練習も始めました。そうするとトントントンって小さな足でお腹をける赤ちゃんがいて、来月はこれがドンドンドンに変わるのだろうか・・・などと思いながら。。


毎日5種類のフルーツとお野菜、卵とヨーグルト、高殺菌された牛乳・・・そして血液や鉄分を多くする為に牛肉とお魚を毎日交互にとるようにというご指導があったのですが、お肉は苦手、お魚は実家が海の近くだった為新鮮なお魚以外は駄目という私。
実家の近くのお店では毎日の夕網で釣れたのお魚のコーナーがあったり、お刺身もその場で切ってくださったりお願いができたけれどパリではなかなか。。

そんな中血液検査が本当にたくさんあり、このままでは倒れてしまうというところまできていました。
日本では考えられないですが1度に12本も血液をとるんです、フランスは。それが又先週あり、ラボラトリーに行くのが恐怖になっていました。



でも今日はとってもいい日、新鮮なお魚を市場でみました。

http://equipement.paris.fr/marche-president-wilson-5510

Marché Président Wilson プレジドン ウィルソン市場といってメトロのイエナ駅を降りると直ぐにある大通りに毎週水曜日と土曜日の朝に出ている市場。

photo_convert_20160601225521.jpg


雨の中でぱっとしない朝を迎えた私も、はっとさせられるほどの美しい花々たちや元気な色のお野菜にエネルギーをもらいました。
特にこの薔薇たち・・・凄いボリュームです。

歩いていると、インドやレバノン、タイやスペインのお惣菜のお店もあったので全てが美味しそうでみているだけでもワクワクしてしましました。
お魚屋さんはこのなかに4件ほど入っていましたがどこのお店のお魚もキラキラして本当に新鮮で大きくでびっくり。
ノルマンディーで今朝とれたばかりのお魚たちなんだそう。

鯵や鰯、久し振りにお魚を美味しく食べれると思うと嬉しくなりました。
そんな私を妊婦だとわかったお店のお兄さんは大きな海老をサービスで4つサービスしてくださいました。

そう、フランス人の男性って本当に優しくて温かいんです。
街を歩いていてもにこにこと微笑んでくれるし、電車に乗っていても直ぐ席を譲ってくれるし、車に乗る時にはシートベルトも出してドアも開け閉めしてくれる…。
今日の帰宅中は大雨で後ろから来たムッシューに僕の傘に入らないっ?・・・って声をかけられたのは余計だったけれど。



少し血液鉄分不足だった日々も少し回復していきそうです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

hiromiel

Author:hiromiel
私のページを訪ねて下さって有難うございます。

宗教曲、ポリフォニー音楽を中心にフランス、ベルギー、スイス、ドイツ等で音楽の活動をしています。

グレゴリア聖歌、12世紀の2声ポリフォニー、フランス宮廷音楽、オルガンと歌の宗教曲、リュートと歌、又、イタリア人画家や詩人と共に声による風景の録音などにも取り組んでいます。


坂東宏美・プロフィール

神戸女学院大学音楽部を卒業
2008-2011 グレゴリア聖歌をEcole de Chant Grégorien de Parisで学び2011年にグレゴリア聖歌のディプロムを取得
2008-2011 Paris St-Germain l'Auxerrois教会のミサで聖歌隊員を務める
2012-2015 Schola Cantorum de Basiliensis で学び中世からルネサンスの専攻・修士ディプロムをアジア人として初めて取得

Frontfois修道院演奏会、F.Couperin、M.A Charpentierの Leçon des Ténèbres、Haydn Missa Brevis、Durufle Requiemのソリスト、H.Purcell Dido et Enéeの2女役、C.Monteverdi l'Orfeo、Thoronet修道院音楽祭、Watou音楽祭、Utrecht古楽音楽祭、Fondation de Royaument、サン・ドゥニ大聖堂 ルイ16世 追悼記念式 等に出演

神戸女学院大学めぐみ会 辻秀子奨学制度、2008-2011 Les Amis du Choeur du Chant Grégorien de Paris、2012-2015 Schola Cantorum de Basiliensisより奨学制度を得る

音楽の次に好きなことは食べること
美術館と旧市街で過ごす休日

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

wreathclock

***

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。