スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただいま

2016.06.13 21:45|Musique
DSCN2121_convert_20160613205353.jpg


先週末からベルギーへ演奏旅行に出かけていました。

帰宅すると春先から育てていた植物が一層元気になって、このお花は満開・・・
おかえりなさい、と言ってくれているようです。


パリからタリスでブリュッセルまで向かう途中、テロの関係で荷物検査や身分確認がいつもより厳重に行われていることを知り、多少の緊張とこれから久し振りの再会の友人への楽しみとが半々でした。
いつどこで、どんなことが起こるか・・・想像もしないようなことが起こる可能性が常にあることは確かです。


パリの聖歌隊学校で共に学んだ友人たちは、それぞれバーゼル、ヴィスバーデン、ブリュッセルやテェコへと移動して新しい音楽生活が始まり一緒に演奏会をすることはもちろん、再会することもなかなか難しくなってきていました。
そんな中、毎年この時期にリエージュ大学の教授であり聖歌隊学校を主宰されているジェラール氏ご夫妻が私たちの再会と音楽活動の為にバックアップしてくださり、今年もお声をかけてくださいました。
本当に感謝したいことです。


皆でブリュッセルに集まり、観光して美味しいものを食べて、一緒に電車に乗ってリエージュまでの小旅行。

とっても懐かしくて久し振りにヨーロッパに来たころの学生時代の私に戻った気分になりました。
学生時代は授業が終わってから皆でカフェに行ったり、セーヌ付近を散歩したりピクニックをしたり・・・
持ち寄りでパーティもしたし朝方まで遊んだ時期もあったり・・・南米のお友達がクラスに多かったのでよくダンスパーティもしました。

演奏会では、リハーサル以上に皆の呼吸があってとっても心地よい時間を過ごしました。
演奏しながら皆の表情を見ていると皆も私と同じ気持ちでいることがわかり、このことが聴衆にも伝わったようで嬉しかった。
終演後もこんな風に久し振りに再会したとしても同じ環境で学んだので同じ音楽の方向性だし、何も言わなくても自然と呼吸が合うのね・・・、とお互いに話していました。

短時間で仕上げた音楽仲間も演奏活動の始まりとして色々な面白さがあるので好きですが、こんな風に3年間みっちり同じ環境で学んだ友人と長年一緒に音楽を作ってきていることは宝物のように思います。


音楽は自分から離れていかない限り近くにいる友人のようなもの、いつかの理論の教授がおっしゃっていたけれどなんだかこの言葉が今になってわかるような・・・そんな感じがします。


今回は聖母マリアの為のミサでのグレゴリア聖歌での演奏と、中世ものを演奏して欲しいとお話をいただいていたので14世紀のスペインもの、Livre Vermeil https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%AE%E6%9C%B1%E3%81%84%E6%9C%AC から8曲ほど選んで演奏しました。

スペインものは個人的に好きで、それも論文にも書いたのですが、ローマから船で色々な困難に遭いやっとのことでフランス南部に渡った使徒たち・・彼らがそこからスペインに降りていく・・・そんな光景がなんだか見えてくるような気がするからです。そんなことを思いながらドキドキして楽譜を見ながらにやにやしてしまう。。〔こんなことを思うのは私だけかもしれません・・・〕



DSCN2098_convert_20160613205321.jpg


偶然1人の友人が私と2週間違いの出産予定。今回は4人+2ベビーで6人での演奏会でした。



来年もまた再会できますように・・・
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

hiromiel

Author:hiromiel
私のページを訪ねて下さって有難うございます。

宗教曲、ポリフォニー音楽を中心にフランス、ベルギー、スイス、ドイツ等で音楽の活動をしています。

グレゴリア聖歌、12世紀の2声ポリフォニー、フランス宮廷音楽、オルガンと歌の宗教曲、リュートと歌、又、イタリア人画家や詩人と共に声による風景の録音などにも取り組んでいます。


坂東宏美・プロフィール

神戸女学院大学音楽部を卒業
2008-2011 グレゴリア聖歌をEcole de Chant Grégorien de Parisで学び2011年にグレゴリア聖歌のディプロムを取得
2008-2011 Paris St-Germain l'Auxerrois教会のミサで聖歌隊員を務める
2012-2015 Schola Cantorum de Basiliensis で学び中世からルネサンスの専攻・修士ディプロムをアジア人として初めて取得

Frontfois修道院演奏会、F.Couperin、M.A Charpentierの Leçon des Ténèbres、Haydn Missa Brevis、Durufle Requiemのソリスト、H.Purcell Dido et Enéeの2女役、C.Monteverdi l'Orfeo、Thoronet修道院音楽祭、Watou音楽祭、Utrecht古楽音楽祭、Fondation de Royaument、サン・ドゥニ大聖堂 ルイ16世 追悼記念式 等に出演

神戸女学院大学めぐみ会 辻秀子奨学制度、2008-2011 Les Amis du Choeur du Chant Grégorien de Paris、2012-2015 Schola Cantorum de Basiliensisより奨学制度を得る

音楽の次に好きなことは食べること
美術館と旧市街で過ごす休日

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

wreathclock

***

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。